« 第68回事前会議と帆作成会 | トップページ | 5ON陸戦大会のご案内 »

2012年1月31日 (火)

第68回アンコナ海戦おつかれさまでした~

 あの熱かったマグロ海戦からもう一週間以上前になるんですねw

 結果はヴェネ側の勝利。

 毎度の事ながらヴェネ・イングの連携の密度がものすごかったです。偵察してくれてるvalくんなどからベンガジ危険応援要請があれば数艦隊が即座に向かい、相手を駆逐。要塞攻略いくぞ! って旗振りが現れると工作部隊と砲撃艦隊が連動して動く。誰かが動くのを待つのではなく、誰かが自ら動く。これがヴェネ・イングの強さの一因だと思います。

 イスパやポルなどと比べての対人艦隊の脆弱さや、情報伝達やそれに付随する行動の個々の判断の甘さなど細かいところで問題点はあると思いますが、現状の流れで突き進んでいくのが=でヴェネ・イングの総合的な強さを維持する方法だと思います。

 うちらは基本雑食艦隊としてですが、海戦で実際に相手対人艦隊とあたった感じでは、対人精鋭艦隊は、イスパが最強、次点でポル、イングはまあ…、って感想でした。後、フランス精鋭艦隊はやばいですね。そういった勝てない艦隊を相手にするときにどういった判断を下せるか。そういった艦隊の位置をきちんと把握し、全体で情報を共有できるかっていうのも今後出来ればいいですね。

 要塞戦に関しては、こちら側はもう名人芸の域に達してるので、守りに関しては問題はないと思います。問題があるとすれば、要のメンバーがインできないときに同じレベルで維持できるかどうか、何か不具合がでるとすればそこんとこくらいでしょうね。

 攻めに関しては、じょじょに相手陣営が構築・補修に慣れてきてるので段々と厳しくなってきていますね。今のところは全要塞を落とすことができていますが、正直初期のころに比べれば格段に落とすのが厳しくなってきています。まあ、時間がたてばたつほどどの陣営も持つ情報の差がなくなってくるのが当然なので、それはしかたないことだとは思います。その同じ条件の中で最良の判断と行動をしないと落とせないそんな戦いに今後はなっていくでしょうね。

 最後になりましたが、海戦に参加した両陣営の皆さんお疲れ様でした~。ヴェネ・イング陣営、勝利おめでと! そして、いつも色々と振り回す結果になってしまっている旗艦・艦隊面の皆ごめんねw

|

« 第68回事前会議と帆作成会 | トップページ | 5ON陸戦大会のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55215/53868622

この記事へのトラックバック一覧です: 第68回アンコナ海戦おつかれさまでした~:

« 第68回事前会議と帆作成会 | トップページ | 5ON陸戦大会のご案内 »