« 中型BC模擬試案 | トップページ | 工芸メモ マディラ ポル国籍 »

2009年3月19日 (木)

中型BC模擬ルール

 昨日実験した結果、スキル制限10にすると結構楽しいという感想で一致したので、さっそく今日から本番をします!

 

 いつもながら言い出し即実行なのは仕様なのでお気になさらず。

 

【集合場所】 

 ・ロンドン広場食堂主人前

 

【集合時間】 

 ・21時30分~0時 ある程度人が集まるまでできないかもしれませんので編成開始は少し時間を見ておいてください

 

【参加資格】

 ・基本的には、中型船に乗れるイングとオスマン国籍キャラとさせていただきます。ヴェネは今回主催国なので振り分けが大変になるという懸念があり、他の4国の方も含めると運用がきちんといくか自信がありませんので、本日は申し訳ありませんが告知対象としてましてはイングとオスマンということでよろしくお願いします。ただ、違う国籍だけど参加したい、違う国籍のフレだけど一緒に参加したいなどありましたら、テルください。厳密に他国不参加というつもりはないので、ご連絡いただければ喜んで参加していただきます。なお、参加希望のテルのときに国籍だけきちんとお伝えください。

【ルール】 

・BCを利用した中型での模擬(鍵をかけます)

・ランク10制限をかけます

・船・人装備に制限はいれません。

 

参加の手順

 ロンドン広場食堂にプリがいますので声をおかけください。人数がある程度集まりましたら、編成作業に入らしていただき、陣営振り分けをいたします。作戦を立てる方から作戦茶室に誘ってもらいますので、その茶室に入っていただき戦闘を始めていただきます。

 途中参加の場合も、広場食堂にプリがいますのでお声をおかけください。陣営振り分けをさせていただき、BC会場に向かっていただきます。。ロンドンから遠くに居る方は、その旨テルでお伝えください。同じく振り分けさせていただき、その場からBC会場に向かっていただきます。途中で抜ける方は遠慮なく作戦茶室のほうで抜ける旨をおっしゃってください。別に遠慮はいりませんので。

 作戦茶室から人数が溢れた場合、作戦茶室を二つに割っていただき、新たに作戦茶室を作成していただきます。茶室の制限が20人で、作戦の最大参加数が10:10。最低参加数が5:5なので、茶室から人が溢れた時点で二つの作戦が無理なく立つはずです。

 もし人数差が出た場合、1人差でしたらそのまま続行。2人以上でた場合、修正作業に入りますが、都合が合わない場合も十分考えられます。その際は、一人洋上見学モードとして、戦闘には参加せずに、全体を眺めて気がついたことを言ってあげてください。見学モードの方は、SAYで「見学~」とでも連呼してください。他の方はその方を基本的に狙わないでください。

 以上がルール・手順などになります

 

 10レベルのスキル制限をかけますので、海事職でない、商人・冒険者の方でも転職せずにそのまま参加できると思いますので、ぜひ皆様ご参加のほどよろしくお願いします。

|

« 中型BC模擬試案 | トップページ | 工芸メモ マディラ ポル国籍 »

コメント

こんにちは、“My”アフィリエイトスカウト事務局の池田です。

先日貴サイトでご紹介頂きたいバナー(人気ゲームの動画広告)があり
ご連絡差し上げたのですが、ご覧頂けましたでしょうか?

是非ともこの機会にご参加頂きたく、改めてご連絡させて頂きました。
詳細をご覧頂いてからのご検討で結構ですので、
まずはフォームからご連絡ください。
http://followmail.jp/affiliate/102/0

3月25日(水)までにバナー掲載にご協力頂き事務局にご報告頂くと
通常の成果報酬に加え2,000円の特別報酬もプレゼント致します。

ご連絡を心よりお待ちしております。
本ご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。

■“My”アフィリエイト スカウト事務局
http://followmail.jp/affiliate/contact/
※本事務局は(株)ライトアップがNTTコミュニケーションズ(株)より委託を受けNTTコミュニケーションズのサービスをご提案しています
※本内容の転載複製はご遠慮下さい

投稿: “My”アフィリエイトスカウト事務局 | 2009年3月21日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55215/44399586

この記事へのトラックバック一覧です: 中型BC模擬ルール:

« 中型BC模擬試案 | トップページ | 工芸メモ マディラ ポル国籍 »